マークアップ: 画像の配置

画像の配置テストへようこそ ! 画像をいろいろな位置に配置してみるのに一番良い方法は、言葉の海の中に画像をそっとうずめてみることです。さあ、はじめましょう。

画像の配置では、ユーザーが「指定なし」「右寄せ」「左寄せ」「中央揃え」の中から自分の好きなものを選べるようにする必要があります。さらに、「サムネイル」「中サイズ」「大サイズ」「フルサイズ」という選択肢の中から大きさを選べるようにするべきです。

画像配置 580x300

上記の画像は中央寄せになるはずです。

画像配置 150x150このパラグラフの残り画像を左寄せしたとき、文章が150ピクセルの画像の周りを囲むようになるかどうか見るためのものです。

ご覧のとおり、画像の上・下・右にスペースが空いている事がわかると思います。テキストは画像にこっそりと忍びよってはいません、忍び寄ることは良くない事です。画像だって十分に呼吸ができるスペースが必要なのです。画像が文章にイライラさせられることなく役割を果たせるようにしてあげてください。次の文章では、テキストが画像の右から下へとシームレスに途切れることなく続いている事がわかりますね。これで完了です !

次は、とても大きな画像のテストです。そして、この画像には配置の指定がありません

画像配置 1200x400

上記の画像は1200ピクセルもありますが、コンテンツエリアからはみ出る事はなく収まっています。

画像配置 300x200

そして今後は右寄せに移りたいと思います。また今度も、画像の上、下、左に十分な余白があると思います。ほら、あっちにいる彼を見てください ! 右側の方にいるあの画像 ! 左寄せ画像がなんて言うかなんてどうでもいいんです、美しい配置ですよ。他の人の意見なんて気にしないでいいんです。

そしてこのへんでテキストが右寄せの画像の下に回り込んで、ちょうど良い具合に収まっているのが分かると思います。ひきつづきちょうど良い具合にスペースが残されていて、すべてがきれいに表示されているべきです。そうです…。右画像に回り込むのって気持ちいいですね。

さて、これで終わりと思ったかもしれませんが、これからキャプションのテストに入ります !

画像配置 580x300
580×300 画像のキャプション例。

上記の画像は中央寄せになるはずです。キャプションにはリンクが含まれていますが、おかしな表示になっていないか確認しましょう。

画像配置 150x150
ちょっとしたキャプション

このパラグラフの残りの部分は、150×150 サイズの左寄せ画像の回り込みをテストするためのつなぎです。 

ご覧の通り、画像の上・下・右にスペースが必要です。テキストは画像にこっそりと忍びよってはいません、忍び寄ることは良くない事です。画像だって十分に呼吸ができるスペースが必要なのです。画像が文章にイライラさせられることなく役割を果たせるようにしてあげてください。次の文章では、テキストが画像の右から下へとシームレスに途切れることなく続いている事がわかりますね。これで完了です !

それでは、とても大きな画像のテストです。そして、この画像にも配置の指定はありません

画像配置 1200x400
とても大きな画像のコメント

上記の画像は1200ピクセル幅ですが、コンテンツエリアからはみ出すべきではありません。コンテンツのフローを視覚的に邪魔しないかたちで、指定のエリア内に収まっている必要があります。

画像配置 300x200
右側いるのほ良い気分です。

そして今後は右寄せ画像に移りたいと思います。また今度も、画像の上、下、左に十分な余白があると思います。ほら、あっちにいる彼を見てください ! 右側の方にいるあの画像 ! 左寄せ画像がなんて言うかなんてどうでもいいんです、美しい配置ですよ。他の人の意見なんて気にしないでいいんです

そしてこのへんでテキストが右寄せの画像の下に回り込んで、ちょうど良い具合に収まっているのが分かると思います。ひきつづきちょうど良い具合にスペースが残されていて、すべてがきれいに表示されているべきです。そうです…。右画像に回り込むのって気持ちいいですね。

それでは、これで終わりです。画像配置のテスト、お疲れ様でした !

Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1Block 1
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト